電話でのご予約はこちらから

Gift Living(ギフト リビング)

電話番号:03-6411-5554

営業時間:月~土:10:00~19:00 /
日・祝:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日・第3月曜日

Gift menu
メニュー 電話予約かんたんウェブ予約

電話予約はこちらから

※ボタンをタッチすると電話が繋がります

電話予約

デザイナーブログ

2021年9月26日
カテゴリー:

メンズ必見!ワックスの選び方☆

以前、ブログでメンズのスタイリング方法について解説をさせていただいたのですが、そちらはもうご覧いただけたでしょうか?(^ ^)

 

今回はそれに関連付けた内容のブログを書いていこうかなと思います!

 

ワックスの上手な選び方 〜理想の髪型を目指すために〜

 

男性の髪型は印象を大きく変えます。カットの仕方にもよりますが、セットしないままだとだらしない印象を与えてしまうことがあり、すっきり整えてしっかりセットしている髪型は身だしなみに気を使う清潔感のある男性という印象を与えます。なりたい髪型にスタイリングするためには、自分に合ったワックスを適切に使うことが大切です。そこで今回は、ワックスの選び方のポイントを紹介していきたいと思います。

 

・ワックスの選び方1 髪質に合わせて選ぶ

 

 

ワックスを選ぶ際、まず注意したいポイントが髪質です。髪質には細かく分類するとたくさんの種類がありますが、ワックス選びの際は、剛毛・軟毛・直毛・くせ毛(天然パーマ)この4つのうちのどれに当てはまるのかを考えます。

 

1.剛毛

 

 

 

まず、剛毛とは、硬くて太いしっかりとした髪質のことを言います。コシがあって癖がつきにくく、スタイリングしにくいため、剛毛の方はセット力に優れたタイプのワックスがおすすめです!剛毛の髪質の方でもセット力の強いワックスなら、ホールド力があるため髪を立ち上げることができます。また、髪が硬く、ボリュームがあって広がりやすい剛毛の方は、強制力の強いファイバー系のワックスか、ジェルタイプのスタイリング剤がおすすめです!

 

2.軟毛

 

軟毛は、細くて柔らかい髪のことを言います。髪を立たせても時間が経つと崩れやすいという特徴があります。そんな軟毛の方はクリームタイプのワックスがおすすめです!ジェル系ではジェルの重さに髪が負けてスタイリングが決まりにくいため、軟毛の方は自然な毛流れや柔らかいヘアスタイルを活かせるクリームタイプのワックスがおすすめです。クリームタイプのワックスなら、毛束を作って毛先に動きを出したり、大人っぽく流したスタイリングが作りやすくなります。ふんわりとした動きを出すことができるので、動きを作った後にスプレーで固めるというスタイリング方法もおすすめです!

 

3.直毛

 

直毛は真っ直ぐで美しさがありますが、硬いことが多く、髪が広がりやすかったりスタイリングがしにくいこともあります。なので、剛毛の方と同様、セット力の強いハードタイプのワックスがおすすめです!

 

4.くせ毛(天然パーマ)

 

スタイリングが一番難しいのがくせ毛(天然パーマ)通称天パと言われる髪質です。ですが、考え方を変えてスタイリングをすると意外とそんなに難しくない場合もあります。要するに「パーマ」なわけですから、パーマのスタイリング方法と同じようにセットすれば問題ないのです!パーマのスタイリングの仕方については、メンズのスタイリング方法を書かせていただいたブログに載ってますので、是非そちらを参考にしてみてください☆

 

・ワックスの選び方2 髪の長さに合わせて選ぶ

 

 

髪の長さも、ワックス選びの重要なポイントになります。髪は意外と重さがあるので、長髪の方がセット力の弱いワックスを使うと、重みを支えきれずにぺたんとしてしまうことがあります。

 

ベリーショートやショートの方は、しっかり髪を立ち上げたり遊ばせたりできるセット力の強いハード系ワックスがおすすめです!

 

ミディアムやロングの方は、伸びが良くて馴染みやすく、キープ力の高いファイバー系などのワックスがおすすめです!

また、ジェルでスタイリングすると髪の質感を活かしてツヤを与えるスタイリングもできます。

 

・ワックスの選び方3 仕上げたい質感に合わせて選ぶ

 

 

ワックスは、種類によって仕上がりの質感が大きく異なります。ツヤを出したいのか、マットな雰囲気にしたいのか、ふんわりエアリーな雰囲気にしたいのかなど、どんな仕上がりを希望しているのかを明確にしてワックスを選ぶことが大切です。

 

「ツヤのある質感に仕上げたいとき」

 

ツヤを出したいときはジェルタイプがおすすめです。ツヤツヤとした水に濡れたような質感を出すことができます。また、普通のワックスにグリースを混ぜて使うと、ジェルほどパキパキにならず、程よく固まって、ツヤ感を出すことができます。

 

「軽さのある質感に仕上げたいとき」

 

軽く、ふんわりと仕上げたいときはファイバー系のワックスが向いています。よく伸びて髪に馴染みやすく、毛束感を作りながらふんわりとした質感を作れます。ただし、ファイバー系のワックスはつけすぎるとベタっとして重くなりますので注意が必要です!軽くてツヤのない、ナチュラルな仕上がりにしたいときは、クレイタイプマットタイプのワックスがおすすめです。

 


 

 

いかがだったでしょうか。ワックスというのはたくさんの種類が販売されていて、正直どれを使えばいいかわからない、といった悩みを持っている方も多いと思います…。

 

今回は、そんな方の悩みが少しでも解消できればなと思い、このブログを書いてみました。皆様の生活のお役に立てられれば幸いです○

 

ここまでお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

 

                                                      Designer SEIYA

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る