電話でのご予約はこちらから

Gift Living(ギフト リビング)

電話番号:03-6411-5554

営業時間:月~土:10:00~19:00 /
日・祝:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日・第3月曜日

Gift menu
メニュー 電話予約かんたんウェブ予約

電話予約はこちらから

※ボタンをタッチすると電話が繋がります

電話予約

デザイナーブログ

2021年9月26日
カテゴリー:

メンズ必見!ワックスの選び方☆

以前、ブログでメンズのスタイリング方法について解説をさせていただいたのですが、そちらはもうご覧いただけたでしょうか?(^ ^)

 

今回はそれに関連付けた内容のブログを書いていこうかなと思います!

 

ワックスの上手な選び方 〜理想の髪型を目指すために〜

 

男性の髪型は印象を大きく変えます。カットの仕方にもよりますが、セットしないままだとだらしない印象を与えてしまうことがあり、すっきり整えてしっかりセットしている髪型は身だしなみに気を使う清潔感のある男性という印象を与えます。なりたい髪型にスタイリングするためには、自分に合ったワックスを適切に使うことが大切です。そこで今回は、ワックスの選び方のポイントを紹介していきたいと思います。

 

・ワックスの選び方1 髪質に合わせて選ぶ

 

 

ワックスを選ぶ際、まず注意したいポイントが髪質です。髪質には細かく分類するとたくさんの種類がありますが、ワックス選びの際は、剛毛・軟毛・直毛・くせ毛(天然パーマ)この4つのうちのどれに当てはまるのかを考えます。

 

1.剛毛

 

 

 

まず、剛毛とは、硬くて太いしっかりとした髪質のことを言います。コシがあって癖がつきにくく、スタイリングしにくいため、剛毛の方はセット力に優れたタイプのワックスがおすすめです!剛毛の髪質の方でもセット力の強いワックスなら、ホールド力があるため髪を立ち上げることができます。また、髪が硬く、ボリュームがあって広がりやすい剛毛の方は、強制力の強いファイバー系のワックスか、ジェルタイプのスタイリング剤がおすすめです!

 

2.軟毛

 

軟毛は、細くて柔らかい髪のことを言います。髪を立たせても時間が経つと崩れやすいという特徴があります。そんな軟毛の方はクリームタイプのワックスがおすすめです!ジェル系ではジェルの重さに髪が負けてスタイリングが決まりにくいため、軟毛の方は自然な毛流れや柔らかいヘアスタイルを活かせるクリームタイプのワックスがおすすめです。クリームタイプのワックスなら、毛束を作って毛先に動きを出したり、大人っぽく流したスタイリングが作りやすくなります。ふんわりとした動きを出すことができるので、動きを作った後にスプレーで固めるというスタイリング方法もおすすめです!

 

3.直毛

 

直毛は真っ直ぐで美しさがありますが、硬いことが多く、髪が広がりやすかったりスタイリングがしにくいこともあります。なので、剛毛の方と同様、セット力の強いハードタイプのワックスがおすすめです!

 

4.くせ毛(天然パーマ)

 

スタイリングが一番難しいのがくせ毛(天然パーマ)通称天パと言われる髪質です。ですが、考え方を変えてスタイリングをすると意外とそんなに難しくない場合もあります。要するに「パーマ」なわけですから、パーマのスタイリング方法と同じようにセットすれば問題ないのです!パーマのスタイリングの仕方については、メンズのスタイリング方法を書かせていただいたブログに載ってますので、是非そちらを参考にしてみてください☆

 

・ワックスの選び方2 髪の長さに合わせて選ぶ

 

 

髪の長さも、ワックス選びの重要なポイントになります。髪は意外と重さがあるので、長髪の方がセット力の弱いワックスを使うと、重みを支えきれずにぺたんとしてしまうことがあります。

 

ベリーショートやショートの方は、しっかり髪を立ち上げたり遊ばせたりできるセット力の強いハード系ワックスがおすすめです!

 

ミディアムやロングの方は、伸びが良くて馴染みやすく、キープ力の高いファイバー系などのワックスがおすすめです!

また、ジェルでスタイリングすると髪の質感を活かしてツヤを与えるスタイリングもできます。

 

・ワックスの選び方3 仕上げたい質感に合わせて選ぶ

 

 

ワックスは、種類によって仕上がりの質感が大きく異なります。ツヤを出したいのか、マットな雰囲気にしたいのか、ふんわりエアリーな雰囲気にしたいのかなど、どんな仕上がりを希望しているのかを明確にしてワックスを選ぶことが大切です。

 

「ツヤのある質感に仕上げたいとき」

 

ツヤを出したいときはジェルタイプがおすすめです。ツヤツヤとした水に濡れたような質感を出すことができます。また、普通のワックスにグリースを混ぜて使うと、ジェルほどパキパキにならず、程よく固まって、ツヤ感を出すことができます。

 

「軽さのある質感に仕上げたいとき」

 

軽く、ふんわりと仕上げたいときはファイバー系のワックスが向いています。よく伸びて髪に馴染みやすく、毛束感を作りながらふんわりとした質感を作れます。ただし、ファイバー系のワックスはつけすぎるとベタっとして重くなりますので注意が必要です!軽くてツヤのない、ナチュラルな仕上がりにしたいときは、クレイタイプマットタイプのワックスがおすすめです。

 


 

 

いかがだったでしょうか。ワックスというのはたくさんの種類が販売されていて、正直どれを使えばいいかわからない、といった悩みを持っている方も多いと思います…。

 

今回は、そんな方の悩みが少しでも解消できればなと思い、このブログを書いてみました。皆様の生活のお役に立てられれば幸いです○

 

ここまでお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

 

                                                      Designer SEIYA

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る

2021年9月8日
カテゴリー:

意外と知らない!?早寝早起きが大切な訳!

「早寝・早起き」が大切なのはどうしてなのでしょう?

早寝早起きが大切だと言われているのには、道徳的な意味からではなく、生物学的根拠があります。

 


 

早寝・早起きが必要な理由 その1

 

 

ヒトは昼行性の動物

代々受け継がれてきたリズムは変えられない

 

ヒトは24時間いつも同じに動けるロボットではありません。昼には昼に動く体の仕組みがあり、夜には夜に動く体の仕組みがあります。体温のリズム、ホルモンのリズムなど、体の全てのリズムがそれに基づいてプログラムされているので、その仕組みに合った生活をしないと、体や心をよりよく発達させることができなくなってしまいます。また、そのリズムに合わせて生活したときにこそ、ヒトはその能力を最も発揮できるように作られているのです。24時間型社会になっても、ヒト本来の生活リズムを守ることが、特にこれから成長していく子供にとって大切です。

 

早寝・早起きが必要な理由 その2

 

 

ヒトは朝の光をキャッチして体内時計をリセットする

 

ヒトの脳の中の「視交叉上核(しこうさじょうかく)」というところに体内時計があり、ここで朝の光をキャッチして、体内時計を地球時間に合わせています。体内時計の働きで睡眠、体温、ホルモンの分泌などのリズムも刻まれます。遅くまで明るいところで起きていたり、朝の光をしっかりキャッチできなかったりすると、脳の中の体内時計がリセットされず、1日のリズムをきちんと刻むことができません。また、朝の光には、心を穏やかに保つ働きのある神経伝達物質「※セロトニン」の活動を高める働きがあります。

 

早寝・早起きが必要な理由 その3

 

 

夜に浴びる光は体内時計に働いて、体内時計と地球時間のズレを大きくする

 

夜に明るいところにいることは、体内時計と地球時間のズレをますます大きくし、生活リズムを崩します。また、夜の光は、「※*メラトニン」という細胞を守る働きのあるホルモンを出にくくしてしまいます。

 

早寝・早起きが必要な理由 その4

 

 

成長に必要なホルモンは、夜寝ている時にたくさん分泌される

 

ヒトは、生後4ヶ月くらいから夜寝ている時に成長ホルモンが集中的に分泌されるようになります。4〜6歳頃からは、寝付いてすぐ、深く眠っている時にたくさん分泌されるようになります。成長ホルモンが十分に分泌されないと、脳や体の成長に影響が起きることが心配されます。

 

早寝・早起きが必要な理由 その5

 

 

体温のリズムが乱れると、昼間、活動的に生活することができない

 

体温のリズムもまた、睡眠、ホルモンのリズムと関連しています。体温は、明け方に低く、起きると上昇して脳や体を目覚めさせ、活発に動けるようなリズムを刻んでいます。睡眠のリズムが乱れると、この体温リズムも乱れてしまい、午前中にぼーっとしたり、疲れやすかったりという影響があります。

 

ー知っておきたい!生活リズムの知識ー

 

ヒトの生活リズムは約25時間

 

ヒトの生体リズムはおよそ25時間で刻まれており、地球の周期24時間に合わせるためには朝の光が必要です。ですから、明るさの変化がない場所で寝起きしていると、生体リズムと地球の周期とはだんだんズレてしまいます。朝、脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)というところで光を感じることで、25時間の生体リズムは24時間にリセットされ、地球の時間に合わせて生活することができるのです。逆に夜に浴びる光には、このズレを大きくしてしまうという困った働きがあることも知っておくと良いでしょう。

 

「※セロトニン」とは?

 

セロトニンとは、体内に存在する物質の一つです。ヒトの脳では無数の神経がネットワークを作っていますが、その中でセロトニンは「神経伝達物質」として神経細胞の広い範囲に伸びて、脳のうちの生命に必要最低限な機能を担う部分と、思考や記憶、言語など人間特有の高度な活動司る部分をつなげる、いわば「人間らしさ」を担う大事な神経系です。

また、食欲や睡眠、呼吸など基本的な生活に関係する神経と、安心・不安、情動と呼ばれる快感や不快感、不安、衝動を支配する神経の両方をコントロールする重要な役割もあります。特に、不安や恐怖などの情動を制御したり衝動性を自制心で抑えたりすることに関係するので、心を穏やかに保つ働きがあると言われています。セロトニン神経は、生後約5年間に色々な刺激により作られますが、特に「朝は明るく夜は暗く」という規則正しい刺激が大切になります。

 

「※メラトニン」とは?

 

メラトニンとは、細胞を守る、規則的に眠気をもたらす、性的成熟を必要な時期まで抑えるという作用がある大切なホルモンです。一生のうち、1〜5歳くらいまでに最も多く分泌されるので、この時期「メラトニンシャワーを浴びる」、と表現されます。

メラトニンは、朝起きてから14〜16時間して、夜暗くなると出てくるので、夜更かしをして夜に光を浴びる時間が増えるとメラトニンの分泌が抑えられ、メラトニンシャワーを浴び損ねることが危惧されます。

 

 


 

皆様、いかがだったでしょうか?

 

明日はお休みだし、夜更かししちゃお〜」「今日は休みだから昼過ぎまで寝てよう」など、休みの前日や休みの日の朝などはついつい甘えちゃいがちですが、しっかり早めに就寝して、特に予定がなくても、ちゃんと朝起きて朝日に当たるようにする、このような生活が上記のように身体を健康に保つ秘訣になっています!

 

これを機会に、皆様も是非、日々の生活を見直してみては如何でしょうか。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

                                                     Designer SEIYA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る

2021年9月4日
カテゴリー:

意外と難しい?メンズのヘアスタイリング方法☆

この前、美容院でやってもらった髪型を再現できない。なんていうことでお困りの方、いらっしゃいませんか?今回は、「メンズのヘアスタイリング方法」についてブログを書いていきたいと思います!

 

 

①ワックスの選び方

 

まず悩むのは、どのワックスを使えばいいのか、というところだと思います。

そこで大切なのは、『なりたいイメージと髪質に合わせて使用する事』です!

 

詳しくは後日、別のブログにてワックスの選び方を詳しく載せておきますので少々お待ちください(^^)

 

②実際のワックスのセット方法

 

まず、ワックスの量は、髪の長さなどにもよりますが平均して10円玉くらいの大きさです!

大切なのはワックスの使う量に気をつけて手に取る事です。少なすぎても、多すぎてもセットがしにくくなりますので、10円玉ぐらいを目安に使用しましょう。この時、指先から第一関節が埋まる程度を目安にすると良いでしょう。

 

ワックスのつけムラがないように、透明になるまでなじませます

最初はバック(後ろ側)からつけていきます。手のひらにはたくさんワックスがついている状態なので多めについたとしても問題のないところからつけ始めましょう。たまに、最初に前髪につけるという方もいますがそれはNG。前髪にたくさんつけてしまうと割れやすくなり、不自然な前髪になってしまいます。

 

ワックスをつける際は、まずは髪を握りながら揉み込んでいきましょう。そうすると髪の内側までしっかりとつき、カールやニュアンスが作りやすくなります。

このとき、頭皮につかないように気をつけましょう。バックの次はサイド、その次はトップと同じようにつけていきます。

 

③髪型別ワックスの付け方その1・ベリーショート

 

 

全体的に短めにカットしたカッコいいメンズヘアスタイル。

サイドと襟足はすっきりとさせ、トップ部分はレイヤーを施して束感が出やすいようにしましょう。ビジネスマンにおすすめの髪型で、パーマやカラーを必要とせずにモテるルックスを作り上げられます。シルエットが綺麗に決まればワックスなしでも変ではない髪型にもできます。

 

ーセット方法ー

 

.全体の髪を軽く濡らします。

 

.ドライヤーをかけながら、トップを軽く立ち上げます。

 

ジェルまたはグリースタイプのワックスを馴染ませます。

 

.立ち上がりをよくしたい場合はクリームタイプのワックスと混ぜて使用します。

 

.握るようにスタイリングしてキープ力を上げたら完成。

 

 

髪型別ワックスの付け方その2・ショート

 

 

スタイリッシュな仕上がりがオシャレに見えるメンズヘアスタイル。ショートスタイルは見た目から清潔感を与えることが簡単なヘアスタイルです。ショートスタイルにはツーブロックをプラスしてさらに男らしいヘアスタイルにアレンジしちゃいましょう!

 

ーセット方法ー

 

.全体を根元から濡らします。

 

.ドライヤーを強温風で乾かしながらトップ部分を立ち上げ七三部分を癖付けます。

 

.立ち上がったら冷風で一気に冷やします。

 

.ワックスを根元付近からしっかり馴染ませ、指で束を作ります。

 

.前髪は最後に残ったワックスでスタイリングします。

 

.最後に毛先をつまんでスプレーで形を固めます。

 

 

髪型別ワックスの付け方その3・ウェットヘア

 

 

全体をモードな仕上がりにするウェット感ヘアスタイル。束感を作るスタイルではなく、毛流れときっちりとした清潔感でルックスを掌握する髪型です。全体はマッシュベースでカットします。直毛すぎる方は、ニュアンスでパーマをかけてあげると動きが出ておすすめです!

 

ーセット方法ー

 

.全体を根元から濡らします。

 

.乾かす時に、七三部分を軽くクセ付けます。

 

.毛先に少し水分を残した状態でジェルワックスを馴染ませます。(束感が欲しい場合はクリームタイプのワックスを混ぜます)

 

.全体にワックスが行き渡ったら、七三部分を軽く後ろに持っていきます。

 

.自然乾燥または弱温風で形をキープしたまま乾かして完成。

 

 

髪型別ワックスの付け方その4・ミディアムロング

 

 

 

ビジネスとしては取り入れにくいですが、そのふわっとした髪が女性に人気が高いヘアスタイル。サイドは軽めのツーブロックでメリハリをつけ、全体は束感を出せるようにセニングカットを施していきます。パーマは外ハネとニュアンスを組み合わせたミックスパーマなどがおすすめです!

 

ーセット方法ー

 

.全体に空気を入れるようにして乾かしていきます。

 

.その後、水分を少し含んだ状態でワックスを揉み込みます。

 

.ワックスが馴染んだら、軽く毛流れを作ります。

 

.毛束は解さずに、少し大きめくらいに残します。

 

.最後に外ハネを作り、スプレーを全体にかけます。

 

 

髪型別ワックスの付け方その5・パーマスタイル

 

 

 

 

1.全体をしっかりと濡らします。

 

2.タオルでしっかりと水分を取ります。

 

3.ムースやフォームを全体に馴染ませて、パーマ感を出します。

 

4.弱温風で毛先を握りながら、パーマ感を出しながら根元から乾かしていきます。

 

5.根元が乾き、毛先もやや水分が残っているくらいになったら、ジェルやグリースを毛先に揉み込みます。このとき、手にとったジェルやグリースにほんの少しだけ水を混ぜます。こうすることで、伸びがよくなるので髪の毛に馴染みやすく、つけやすくなります。

 

6.形を1日キープさせたい場合は全体にスプレーをかけます。

 


 

 

皆様、いかがだったでしょうか?

 

今回は、ご自宅でもサロン帰りのようなスタイリングができるようになるワックスの付け方についてブログを書いてみました!このブログが皆様の毎日のお役に立てられたら幸いです♪

 

ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました!

 

 

                                                  Designer SEIYA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る

2021年9月3日
カテゴリー:

秋に体調を崩しやすくなるのはなぜ?体調不良の理由と健康管理☆

「秋」という季節は寒暖の差があらわれやすい季節です。数日で冷え込むようになったり、昼間と夜で気温差も大きくなったりします。辛な季節の変わり目である秋に体調を崩してしまう方も多く、「毎年秋になると体調不良になる」などと体質に悩みを抱えている方も少なくありません。

 

そこで今回は、秋に体調を崩してしまう理由とその症例、簡単にできる対処法などをご紹介していきたいと思います!

 

ー秋に体調を崩しやすくなるのはなぜ?ー

 

 

 

・夏に受けた“冷え”による疲れの影響

夏は暑く過ごしにくいものですが、現代人においては職場内の冷房や冷たい飲み物による体の冷えの方が問題になります。これらの冷えは胃腸の機能を低下させ、そのまま秋へと持ち越してしまいます。秋は朝晩の気温差が大きくなり、身体が感じる冷えによってさらに胃腸の機能を悪くしてしまう恐れがあるため注意が必要です。

 

・急な温度変化

秋の朝晩は気温が低く涼しさや冷えを感じる一方で、昼になれば気温も上がりまだまだ暑い日も続きます。このような寒暖差は自律神経を乱し、体のだるさや疲れ、頭痛などを引き起こしてしまう恐れがあるのです。また、寒暖差によってアレルギー症状を発症することもあります。

寒暖差アレルギーの場合、目の充血はなく鼻水が透明という特徴があります。大きな気温変化によって鼻炎が生じる場合は寒暖差アレルギーである可能性が高いです。

 

・空気の乾燥

秋が深くなるにつれて、空気が乾燥していきます。

空気が乾燥していると汗をかいてもすぐに乾いてしまうため、水分を失っていることに気づかず、水分補給が疎かになってしまうことがあります。水分不足はのどの痛みなどを引き起こすため注意が必要です。

 

・日照時間の減少

夏が終われば次第に日照時間は短くなります。この日照時間の変化が気分の落ち込みを引き起こし、季節性うつ病という病気へとつながることがあります。

 

 

ー季節の変わり目を乗り切るにはー

 

 

・体を冷やさない

身体を冷やさないように温かい飲み物や食べ物を食べて、お風呂にはしっかり浸かるようにしましょう。食事では生姜など体を温める香辛料を積極的に使うのもおすすめです。

 

・水分を積極的に取る

秋は喉の渇きを感じにくくなります。その分積極的に水分補給をすることが大切です。水分を摂るときは、体を冷やさないよう常温のミネラルウォーターや白湯を飲むことをおすすめします。

 

・太陽の光を浴びながら運動する

太陽の光を浴びることで、自律神経の働きを高め、さらに気分の落ち込みを解消することができると言われています。朝日を浴びながらのウォーキングやジョギングがおすすめです。

 

・規則正しい生活を送る

毎日、早寝早起きをして規則正しい生活リズムを身につけましょう。自律神経のバランスの改善や、免疫力を高める効果が期待できます。

 

・食事でしっかりと栄養を補給する

秋が旬の食材は美味しいものが多く、また栄養効果も高いです。サンマなどの青魚は良質なタンパク質だけでなく、血液をさらさらにしてくれるEPAや、悪玉コレステロールを減らすDHAが含まれています。ほかにも、ナスは血管の柔軟性を上げる働きがありますし、ぎんなんは高血圧を改善し滋養強壮の効果が得られると言われています。

 

体調を崩しやすい秋。毎年のように体調不良に悩まされているという方は、少しずつ生活を改善し、運動を取り入れていくようにしましょう。

日頃から食事に気を配り、運動などで体調管理をしておくことで、そんな悩みも解消されると思います!

 


 

 

皆様、いかがだったでしょうか?

上記のようなお悩みにもし当てはまる方がいらっしゃいましたら是非このブログを参考に、日々の生活を変えていって頂けたらなと思います!最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

                                                   Designer SEIYA

 

 

 

 

ページトップへ戻る