電話でのご予約はこちらから

Gift Living(ギフト リビング)

電話番号:03-6411-5554

営業時間:月~土:10:00~19:00 /
日・祝:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日・第3月曜日

Gift menu
メニュー 電話予約かんたんウェブ予約

電話予約はこちらから

※ボタンをタッチすると電話が繋がります

電話予約

デザイナーブログ

2021年10月22日
カテゴリー:

洗顔の大切さ

誰しも、特に女性は柔らかく、つい触りたくなるような肌に憧れますよね。

キメが細かく、しっとりとした肌は、気分まで上昇させてくれます。

そんな肌を手に入れるためには、洗顔が何より大切だって知っていましたか?

今回は、「正しい洗顔の仕方」をご紹介しようと思います!

 


 

ー肌は眠っている間に生まれ変わるー

 

まず、「メイクをしたまま寝てはいけない」ということは、ほとんどの女性がご存知だと思います。

でも、朝の洗顔まで気を配っている人は、実は少ないのです。

 

このブログを読んでくださっている方の中にも、「夜はしっかり洗顔、朝は水やぬるま湯でサッと洗顔」という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

夜はメイクや皮脂、外で付着したホコリを落とさなくてはいけないと気をつけるのに、どうして朝は簡単な洗顔で済ませてしまうのでしょうか。

それは「寝る前に洗顔をしたから、肌は綺麗な状態」という風に考えてしまうからです。

 

ところが、肌は眠っている時に生まれ変わります

 

夜間のターンオーバーで剥がれ落ちた古い皮脂や角質などの老廃物が、朝の肌にも汚れとして付着しているのです。

そして、これらの老廃物は、「水やぬるま湯でサッと洗顔」したくらいでは落とすことができません。きちんと洗顔料を使って、綺麗にしてあげる必要があります。

また、洗顔をするときは、泡で洗うのが基本中の基本です。ゴシゴシと力を入れてこすったからと言って汚れが落ちるわけではありません。

「正しい洗顔」を行うことが重要です!

 

 

ー正しい洗顔方法ー

 

「正しい洗顔」とは、しっかりと泡立てたたっぷりの泡で、顔を包み込むように洗うこと、そして絶対にこすらないことです。

流すときはぬるま湯でしっかりと洗い流しますが、この時も顔をこすらないようにしましょう。柔らかい手や指も、繊細な顔にとっては固いのです。必要のない刺激を与えると肌が傷つき、荒れたり、老化に繋がったりしてしまいます。

とにかく、優しく洗うことを心がけましょう。

 

また、熱いお湯で流すと汚れが落ちるような気がするかもしれませんが、実は逆効果。熱いお湯は、顔にとって必要な油分まで奪い、肌が乾燥してしまいます。なので、流すときは必ずぬるま湯を使用するようにしましょう。

 

あとは洗顔後の保湿を忘れないように!

 


 

 

皆様、毎日のご自分の洗顔の仕方と比べてみていかがだったでしょうか?

 

「正しい洗顔の仕方」は、誰にでもできる超簡単なことです。この洗顔の仕方で、キメ細かい、しっとりとした美肌を手に入れましょう♪

 

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

 

 

 

                                                   Designer SEIYA

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る